抗加齢医学の実際2012をきいてきました(1)

2012/9/16(日)と9/17(月)、東京スカイツリーで開催された「抗加齢医学の実際2012」をきいてきました。

特に面白かったのが初日の企画物。

「長寿遺伝子を巡るバトル」と称して

  • サーチュイン派:坪田 一男先生
  • インスリン/IGF派:南野 徹 先生
  • mTOR派:脇野 修 先生

の各先生が持論を展開された。

極限まで単純化すると、

  サーチュイン系長寿遺伝子 インスリン系長寿遺伝子 mTOR系長寿遺伝子
活性化する方法 カロリー制限 糖質制限 たんぱく質制限
関連薬 レスベラトロール 糖尿病薬 ラパマイシン
アカデミック認知度 ±
TheCRWay関連部位 sir2_sirt1などの長寿遺伝子 血糖とインシュリンのペア 成長促進因子を抑制する

 

座長の伊藤裕先生によると、

・サーチュイン派は、ノーベル賞がらみの思惑もあって、インスリン派、mTOR派から攻撃をうけている。

・サーチュイン派は「哺乳類の寿命を延ばしたというエビデンスがない」点で、正統派からのけ者扱いだったが、『Sirt6が雄マウスの寿命を延ばした』という実験結果がでて、一矢報いた。

僕の個人的印象

・インスリン系とmTOR系→正統的&詳細なアプローチ

・サーチュイン系→Sirt1~7と種類が多くてフォーカスしきれていない。やや雑駁。

<結論>

すべての長寿遺伝子が活性化させるなら、「カロリー制限&糖質制限&蛋白制限」

学派論争よりも、実践!

タグ

2012年9月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:カロリス 学会

カロリスの理論

今月号の抗加齢学会誌(2010 vol6 No5)を読むと、カロリス理論で新たな展開があるようだ。

従来から

  1. カロリー制限そのものによってサーチュインという長寿遺伝子が活性化する
  2. 血糖をさげ血中のインシュリン値が低下することから長寿遺伝子が活性化する

の二仮設があるが、それ以外に、mTOR系仮説が注目されているらしい。

この系はタンパク質の生合成や、自己タンパクの整理(オートファージ)に関連する経路ということだ。

ラパマイシンという抗生物質で、このmTOR活性を抑制すると、線虫・酵母・キイロショウジョウバエの老化を抑制できるらしい。

TheCRWayでも、タンパク質について

蛋白質をとると、摂取カロリーそのものは低くても、血中IGF-1値が増えることが多くの研究で示されている。

カロリー制限とともに蛋白摂取も制限すべきとはいわないまでも、体重1kgあたりの蛋白摂取量0.8gという推奨摂取値(DRI)は遵守するのが望ましいであろう。

とある。

上記理論を実生活に当てはめると..

——————————————————————

ステーキは食後血糖をあげない。

しかし、アンチエイジングな観点からすると、mTOR経由(とIGF-1経由)で加齢は促進する。

——————————————————————

とうことですかね。

タグ

2010年10月17日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:抗加齢学会誌

このページの先頭へ