カロリスのリフィーディング

旅行から帰ってくると、肝機能数値が悪くなっていることがある。

GPT(AST)>30とかハンパないので「肝炎~?!」と思ってた。

が、これはANのリフィーディング(=栄養補給)期に見られるのと同じ、一過性の肝機能障害であると思う。

Elevation of serum aminotransferase as a sign of multiorgan-disorders in severely emaciated anorexia nervosa1)より引用すると、

拒食症の治療期にみられる肝機能障害は、急激にカロリー摂取量が増えることによって惹き起こされる。消化器手術後の非経口栄養補給時にみられる肝障害と同一機序である。

普段、カロリスで擬飢餓モードなのに、旅行でガッツリ食べると「急性フォアグラ肝」になるってこと。

質素なカロリス生活に復帰すると、GPTもさがってくる。

→ただし、僕の個人記です。かなり厳格にカロリスしている場合のみだろうし、誰にでも当てはまるかは全く不明..

<結論>

1.旅行中も、”カロリスを長期に続けている場合には、食べ過ぎに注意しないと体が処理しきれなくなる。ほどほどが肝要ということだ。

2.GPTあげる価値があるのか、ちょっと悩んでから、食すべし。

 

1)Ozawa Y, Shimizu T, Shishiba Y. Elevation of serum aminotransferase as a sign of multiorgan-disorders in severely emaciated anorexia nervosa. Intern  Med. 1998 Jan;37(1):32-39. Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9510397

タグ

2012年8月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:カロリス

このページの先頭へ