スイーツと口渇感

普段、ローカーボな生活をしてると、炭水化物が無性にほしくなる。で、パンやらチョコやらを思いっきり食べると。。。

翌日、とてものどが渇く!いくら飲んでも渇くのが不思議だった。「辛い物を食べてないのになぜ?」「隠し味に、塩入れてのか?」と思っていた。

調べてみると、ボディービルダー屋さんでは有名な現象のようである。

体重1Kgあたり15gのグリコーゲンを蓄えることが出来る。ので、体重55Kgの場合には825gのグリコーゲンを補充できる。グリコーゲン1gを補充するのに水3gが必要なので2.4リットルほど飲水する必要がある。

(小生の体重にあわせて改変)

ボディービルダーはこれを利用して、カーボロード+水制限をするらしい。すると、皮下の水分が吸収され、いっそうムキムキにみえるとのことだ。

最近ではカーボ食したくなっても、できるだけ低糖質なスイーツを選ぶようにしている。すると、確かに翌日ものどが渇かずに楽だ。

<結論>

・お祭り日も、ローカーボ!

 

参考文献:Exercise Physiology: Energy, Nutrition, and Human Performance』 Lippincott Williams & Wilkins(2001)

タグ

2013年5月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:カロリス

このページの先頭へ