サーチュイン・パラドックス

「レスベラトロールがSIRT2を活性化させる」というDr.Sinclairの論文1)が、レスベラトロールとカロリスを結びつける鍵だ。

この「SIRT2の活性化」が他の研究グループでは再現できず2)、レスベラトロールの長寿効果はSIRT2以外の経路を介するのではないかという研究がでてきている3)4)

これを称して「サーチュイン・パラドックス」と呼ぶらしい5)。もちろん「フレンチ・パラドックス」のもじり。

以前のエントリーでもかいたように、カロリス理論についてもいろいろな説がでてきている。レスベラトロールの作用機序も今後どんどん解明されていくだろう。

誤解がないようにかくが、「レスベラトロールの長寿効果」自体は間違いないが、その仕組みはSIRT2の活性化以外にもあるかもしれないということです。

1)A. Small molecule activators of sirtuins extend Saccharomyces cerevisiae lifespan. Nature. 2003 Sep;425(6954):191-196. Available from:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12939617

2)SRT1720, SRT2183, SRT1460, and resveratrol are not direct activators of SIRT1. J  Biol  Chem. 2010 Mar;285(11):8340-8351. Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20061378

3)SIRT1-independent mechanisms of the putative sirtuin enzyme activators SRT1720 and SRT2183. Future Med Chem. 2010 Dec;2(12):1751-1759. Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21428798

4)Resveratrol inhibition of inducible nitric oxide synthase in skeletal muscle involves AMPK but not SIRT1. Am  J  Physiol  Endocrinol  Metab. 2011 Nov;301(5):E922-E930. Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21810931

5)『アンチエイジング医学―日本抗加齢医学会雑誌 (Vol.7 No.5(2011.10)』 メディカルレビュー社(2011) p.97-97. Available from:http://www.amazon.co.jp/dp/4779208068

タグ

このページの先頭へ