糖質制限とAGEs

カロリスで血糖値↓を目指すと、糖質制限がちになる。

タンパク質多めな食事となる。

AGEsが跳ね上がる。。

ーーーーーーーーーーーーー

AGEs対策本では、

という印象を受ける。彼我の食習慣の違いによるのだろう。

 

僕個人の場合は、

日本語本を実践する→AGEs↑

TheAge-LessWay本を実践する→AGEs↓

 

血糖値をあげず、かつ、AGEsをあげない食の実践は意外と困難である、と改めて感じる。

<結論>

  1. (再掲だけど)「糖質制限なら焼肉はOK」は禍根を残す。
  2. 膵機能の残存程度を図って、「血糖値とAGEs値のバランスをとる」が、カロリスを長続きさせる。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年1月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:AGE

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ