メトホルミンが緑内障を予防する。

4月ぶりに更新します。

カロリス擬似薬として有名なメトホルミン内服で、緑内障になりにくくなる1)

機序は

  1. 血糖コントロールの改善
  2. 神経新生
  3. 抗炎症作用
  4. カロリス擬似効果による長寿因子

最近はレスベラトロールよりもメトホルミンが脚光を浴びてるな!!

 

1)Lin Hsien-Chang, Stein Joshua D, Nan Bin, Childers David, Newman-Casey Paula Anne, Thompson Debra A, Richards Julia E. Association of Geroprotective Effects of Metformin and Risk of Open-Angle Glaucoma in Persons With Diabetes Mellitus. JAMA Ophthalmol. 2015 Aug;133(8):915-923. Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26022641

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年4月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:カロリス模倣薬

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ