カロリスと糖尿病治療の違い

TheCRWayでは

動物実験で寿命の予測するとされた3つの因子が、ボルチモア長寿研究所の被験者にも当てはまり、その因子とは、低体温、低インシュリン、高DHEASであった。

カロリスの要諦は「less is more」である。ホルモンのレベルが低下すると、レセプター数は増加し、ホルモンを有効活用できるようになるのだ。

カロリスを実践すれば、血糖・インシュリン・成長ホルモン・IGF-1値が下がり、SIRT1を活性化することができるのだ。

ということで、「インシュリン(IGFシグナル)値が低ければ、低いほど良い」というスタンス。

糖尿病治療では、

CPI=空腹時Cーペプタイド(ng/ml)÷空腹時血糖(mg/dl)×100

インシュリン基礎分泌能正常 :1.2 以上

インシュリン基礎分泌能低下: 0.8 以下

であるから、「インシュリン値が低ければ、低いほど良い」とはいえないスタンス。

 

少し考えればわかるが、基礎分泌が低下するのは糖尿病でも後期なので、糖尿病患者ではないカロリス実践者はやはり「インシュリン値が低ければ、低いほど良い」はず→だけど、基礎分泌能が不良とでるのは気味が悪い。→だけど、しかし、、と無限ループ。

そこで、各種の糖尿病指標の計算式を、糖尿病患者ではないカロリス実践者の観点でチェックした。

  • CPI(基礎分泌能):空腹時C-ペプタイド/空腹時血糖(mg/dl)×100 正常値:1.2以上
  • SUIT(基礎分泌能):空腹時C-ペプタイド×1500÷{空腹時血糖-63} 正常値:50%以上?
  • Insurinogenic Index(追加分泌第一相能):(負荷後30分IRI値-負荷後IRI値)/ (負荷後30分血糖値-負荷前血糖値) 正常値:0.4以上
  • HOMA-β(追加分泌第二相能):IRI(早朝空腹時血中インスリン濃度)×360 / (FBS-63) 正常値:40~100%
  • HOMA-R(抵抗性):IRI(早朝空腹時血中インスリン濃度×FBS)/405 正常値:1.6以下、できれば1.0未満
  • QUICKI(抵抗性): 1 / (log(早朝空腹時血中インスリン濃度) + log(早朝空腹時血糖)) 正常値:0.348~0.430 高い方がbetter?

繰り返すが、Ⅱ型糖尿病患者の典型パターンは「炭水化物の摂取過多→ベータ細胞が疲れはじめる→第一相のインシュリン追加分泌能低下→インシュリン抵抗性増加→(代償的に高インシュリン血症→機能性低血糖症状)→ますますベータ細胞が疲弊化→インシュリン基礎分泌能低下」である。CRWayで目指すのは「インシュリン抵抗性低下→インシュリン分泌低下(分泌能そのものは低下しない)」なので、真逆である。

やはりカロリスでは、「インシュリン値は低いほうがいい。しかし、インシュリン抵抗性が非常に低いという結果が出るほどに血糖値も低いのが最もよい

<結論>

  • インシュリン値も、血糖値も、インシュリン抵抗性もless is more!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ