たんぱく質考2(カロリー面から)

たんぱく質はIGF経由やmTOR経由で加齢を促進するが、食後血糖値にはあまり影響しないと以前かいた

TheCRWayでは

Fats and many protein sources have minimal effect on glucose levels and do not have GI rankings:no carbs-noGI.

江部先生

糖質は約15~90分で100%血糖に変わり、タンパク質は約2~数時間で50%が血糖に変わり、脂質は数時間~10数時間かけて10%未満が血糖に変わります。

確かに食後血糖値は上げないだろうが、カロリーはたんぱく質も炭水化物も4Kカロリー/gだ(ちなみに脂質は8Kカロリー/g)

経験的にもステーキをがっつりたべると、その後しばらくは血糖値のベースラインがあがるように感じる。

したがって、

「蛋白質は、確かに食後血糖上昇には与しない。しかし、筋肉を維持する以上に摂取された蛋白は、脂肪やブドウ糖に変換され、血糖のベース値を底上げしてしまう」

「IGF-1やmTOR系とは無関係に、純粋にカロリー面からも、たんぱく質には要注意である」

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年11月23日 | コメント/トラックバック(4) |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. TaijuuH より:

    このページからトラックバックをいただいた
    ブログ 「体重はカロリーだ!」の管理人で、
    TaijuuHと申します。

    拙ブログでご覧いただいたとおり、

    カロリー制限が健康に良い、(生活習慣病を治す)
    たんぱく質の取り過ぎも健康を損ねる、(生活習慣病の原因になる)

    とのお考えについては、賛同申し上げます。

    摂取カロリーを減らす具体的な実践方法については、

    拙著「メタボ氏のための体重方程式」、
    サイト「体重方程式」、

    で提案しておりますので、ご高覧のうえ、拙ブログコメント欄にでも、ご意見をいただければ幸いです。

    大学は同窓でいらっしゃるようですので、(拙著リンク先をご覧ください)
    何かの折にお目に掛かることがあるかもしれません。
    よろしくお願いいたします。

  2. TaijuuH より:

    このページへの先のコメント中、
    サイト「体重方程式」のタグのリンク先
    http://www.w8eq.com/
    の最後に
    “(ダブルクオーテーション)が抜けておりました。
    お手数をおかけして恐縮ですが、訂正いただくようお願い申し上げます。

    なお、医師向けサイト m3.com でも、糖質制限食について、拙論
    http://medqa.m3.com/doctor/showMessageDetail.do?messageId=32310
    を展開しております。
    こちらも、お時間のあるときにご覧いただければ幸いです。

    • Koji より:

      >“(ダブルクオーテーション)が抜けておりました。
      修正しました..

      「アトキンス氏が糖質制限食を実行しても肥満だった」というのは示唆に富んでいますね。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ