AGE-Readerを買った。

カロリス生活には必須品だが、国内で販売されている製品は高価でためらってた。

発売元に尋ねたら、「家庭用の廉価バージョンは1/5程度の価格」ということなので個人輸入した。

以前は抗加齢学会の会場でしか測れなかったが、今はしょっちゅう測ってる。

以下気づいたこと

  1. 前回から全然下がってなくて2.5前後だ。血中ペントシジンも0.0606で同じ!AGEsは低下するんだって書いたが、「体内から除去することは非常に難しい」(TheCRWayより)と実感した。
  2. 測定部位によって0.2~0.3違う。 左手で測ったら0.3くらい低い!
  3. 測定時間によって0.5~0.8くらい違うことがある。

どういった条件で低値となるのか、いろいろ実験してみます。

著効が見られなかったAGハーブMIXを再開し、禁断のARBも試してみっかな。。

 

※ネットワークビジネスの会社からも同一製品のOEMが1/10の価格で販売されてるが、「会員にならねばならない」云々の問題がある。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月3日 | コメント/トラックバック(9) |

カテゴリー:AGE

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. あさ より:

    機器の購入を考えてます どこで幾らで買われましたか? 教えてください

  2. 高田浩瑞 より:

    はじめまして。AGEの測定器に大変興味を持っています。使用されてその後いかがですか?使用感や数値の変化など教えて欲しいです。
    個人輸入されたとの事ですが上のご紹介されているサイトは英字で僕にはわからないのですが個人輸入は簡単なのでしょうか?

    よかったら教えてください。

  3. Koji より:

    >使用感や数値の変化など
    使用は腕を置くだけで簡単です。信頼性は高いように感じています。

    私自身、数値は2.5前後から一時期1.8くらいまで下がったのですが、気を抜くと(?)微妙に上がってくるので、油断しないようにしております。

    >個人輸入は簡単なのでしょうか?
    とても簡単っていうわけではなくて、英文mailで結構やり取りしました。「日本は医療機器の輸入手続きが面倒」云々と、煙たがられた記憶があります。

    • 高田浩瑞 より:

      丁寧な対応ありがとうございます!

      ネットワークビジネスのスキャナーが欲しいのですが機械だけは販売してくれなそうで…。
      もっともっと沢山の方が興味を持つと国内で製造されるかもしれませんね。

      • Koji より:

        測定部分がブラックボックスなだけで、製造自体は至極簡単なものだと思います。
        ただ、この「測定方法の詳細がいまいち不明」な割に、論文のエビデンスとしてよく用いられる点はいかがなものか?とも感じております。

  4. 岡田 芳春 より:

    AGE rederとtru ageは、どう違うのでしょうか。
    価格は60(欧州)~100万円(日本)、30万円ぐらい
    と価格が違い、単位も違うようですが。

  5. 岡田 芳春 より:

    age reder muと tru ageの違いはありますか。表示単位は違うようです。値段が60万と35万なので性能違いますか。 

    • Koji より:

      製造元に問い合わせたところ、

      Tru ageはモリンダジャパン社向けに作られている製品です。
      AGE ReaderMUとtru ageは製造元は同じですが、別製品で表示結果の変換はできない。

      とのことでした。。

      私自身で両者を試した印象では、「Tru ageでは測定年齢がかなり高めに表示される」ように感じました。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ