魚油を摂ると短命となる(かもしれない)

魚油は、健康に良い」はずだったが、「寿命を縮めるかもしれない」展開になってる!という話をします。。

今までは..

魚油にはω3系の多価不飽和脂肪酸(PUFA)が含まれ、以下の効果がある。

  • 老人性認知症の改善
  • 脳機能の向上
  • 抗うつ作用
  • 抗アレルギー作用
  • 網膜反射能、視覚機能の改善
  • 血液流動性の改善
  • 心血管疾患の予防
  • 血小板凝集抑制作用
  • 加齢黄斑変性の予防
  • トリグリセリド低下作用

 

食事からだけでは不十分なので、サプリメントからの摂取が推奨されてた。

カロリス食でオメガ3系脂肪酸の適切な血中濃度を保つのは、実際のところかなり難しい。これはカロリス中は燃料として脂肪酸を燃やしてしまうからである。

魚油のサプリメントをとることをお勧めする。

TheCRWay

ω3系脂肪酸を、ほかの脂肪酸より優先的にエネルギーや熱として使うメカニズムが、人体には備わっているのです。

奥山 治美, 市川 祐子, 國枝 英子. 『油の正しい選び方・摂り方―最新 油脂と健康の科学 (健康双書)』 農山漁村文化協会(2008) p.136-138.

 

どのくらい必要かというと、「日本人の食事摂取基準2010年版(厚生労働省)」ではEPA+DHAは「1g/日以上

8g/日のEPA投与では脳出血罹患やLDL一コレステロールの増加、胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん罹患数の増加は認められていない。極端な大量摂取による健康障害の懸念はあるものの、人におけるエビデンスは十分ではない。そのため、上限目標量は算定しない

最近の風向き

ところが、最近のカロリスフォーラムをみると

我々も、以前は、魚油を定期的にとっていたが、Spindler, Fenton博士らの研究によると、「魚油は寿命を短くし、癌のリスクを高める」ため摂るのをやめた

Fenton博士の論文

マウスに植物油を加えた餌と、魚油を加えた餌を与え、実験的に作成した腸炎や腺癌がどうなるか調べた。

意外にも、魚油を加えたマウスの方が腸炎・腺癌が増悪していた。

(細胞性免疫をつかさどる)T細胞の分画変化が関連するようである。

他にも、「魚油はマウスの腸炎を悪化させる」とか「長期に魚油をとると酸化ストレスが増して、マウスの寿命を縮める」とか。

 

TheCRWayは、当初から

魚油は摂取量も大切である。医者から特に指示がない場合は、ラベルに記載してある標準摂取量を超えてはならない。とりすぎると、脂質過酸化ラジカルが発生して、細胞膜をこわして加齢を促進してしまうからである。

当ブログの過去記事でも

サプリメントとしてはEPA+DHAを1000mg前後を摂る。

と用心してたんだが。

カロリスフォーラムを鵜呑みする必要はないが、主催者でありTheCRWayの著者でもあるPaul McGlothinは勉強家で、発言には信憑性がある。

<結論>

1.魚油サプリは要注意!摂りすぎ厳禁!

2.僕は、DHAとEPAのサプリはやめHDL値が下がらないか、(酸化マーカーの)ペントシジン値は改善するか?をみて、中止か続行か判断します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. giga8plus より:

    管理人様

    突然の書き込み失礼します。私は糖質制限を実行しつつ
    自然科学や現代社会の知られざる情報を追求するgiga8plusと申します。

    管理人様のサイトへは脂肪酸で検索して辿り着き、
    魚油を食べると短命になるのはとても貴重なデータで勉強になります。

    事実私も肉や魚ばかりを食べる日々を1年以上行って気づいたのですが、
    「魚は必須脂肪酸(Ω3)を有するから頭が良くなる」と巷では
    善玉扱いの割に現実の体調では明らかに肉の方が中性脂肪が
    落ちますし関節痛など副作用も小さい事を強く実感しております。

    そういった点から、魚には何かしら有害成分があるのではと
    疑っておりましたが、このような要因が絡んでいたのですね
    (他にも水銀やオレイン酸が少ないのもあると思いますが)。

    単なる知名度や情報に惑わされず、科学的に正しい事を見つけて実証させることが大事かを実感しました。

    • Koji より:

      コメントありがとうございます。
      本文でもふれましたが、サプリでDHAやEPAを補充することは僕も中止しました。

      なにが自分にとって相応しいかは、
      1.最新の知見にアンテナを張る。
      2.自己データ計測でfeed backする。
      により、探っていくしかないと思います。

      今度ともよろしく!


コメントをどうぞ

このページの先頭へ