抗加齢医学の実際2014をきいてきました。

2014/9/14(日)~2014/9/15(月)、時事通信ホールで「第4回抗加齢医学の実際2014」を聴いてきました。

注目ポイントを挙げます。

1.認知症や鬱の発症率と血糖、貧血が関係する。
・血糖値100mg/dlと比較した場合の認知症の発生率は90mg/dlだと0.80弱に低下する。つまり、認知症では「チョイ太りで少し血糖値が高いほうがいい」は間違い
貧血があると認知症の発症率が上がる

2.グルコサミンαケトグルタル酸のような中間生成物質を外から与えるとミトコンドリアの活動が低下する→カロリス擬似状態となる→寿命↑となる。

3.「ご機嫌だと長寿になる」理屈
・ご機嫌だと心に余裕があり、目前のことよりも将来的なことを考える余地ができる。vs不機嫌だと目前のことに注力してしまう。→ご機嫌というのは能天気ということではない。むしろ将来を気にかけている用心深い状態。以前の記事にも同様のことを書きました。

4.夜間にごく弱い光(dLAN=dim light at night)でもあたると、メラトニン低下、肥満・老化を招く。真っ暗闇が望ましい

5.概日リズムの支配にはブルーライト、食事時間が大きく関係する。「Bmal1遺伝子により、深夜食は太るが昼食は太らない」は有名だが、「ブルーライトを制御すれば夜にガッツリ食べてもふとらなくなるかもしれない」と、坪田先生は言ってました。

6.タンパク質代謝関連の血液データ 溝口徹先生の話

・低アルブミン(Alb<3.8)だと死亡率が上昇する。

・ALT、AST、LDHは肝機能指標というだけではない。正常範囲内でも高値を示してきた場合タンパク利用がうまくいってると判断する。このときのサンプルデータだとALT25、AST23、LDH178だった。

BUNが20を超してくると「タンパクの摂取が多すぎ」ということはむしろ少なく、「異化亢進」か「imbalance=植物タンパクばっかりとってる場合など」である。極端な菜食主義者でBUNが高値を示すのはメチオニンやリジン不足を補うため異化亢進が起こっているため。

7.薬情報
・メルクからベルソムラが2014年末にでる。オレキシンという覚醒ホルモンをブロックする。カロリスしてると睡眠が浅くなりがちだ。けど、「ベンゾ系やマイスリーはボケるので嫌、ロゼレムは効かない」ので、大いに期待している。注意力や記憶力の低下が起きない点が素晴らしい!

AdipoRon:AdiponectinのレセプターをONにする 。つまりアディポネクチンのアゴニストである。「夢の新薬」という感じ。ただ、現時点では「相当高た容量でないとin vivoではきかない」「もっとよく効く分子構造を検索中」で実用化には程遠い印象であった。

スペルミジン:Cell誌の総説で、長寿効果が確認されているのは、1.カロリス 2.断食 3.レスベラトロール 4.ラパマイシン 5.メトホルミン 6.スペルミジン。このスペルミジンは初耳だった。spermidineという綴りからわかるように精子関連の物質で、熟成チーズ、きのこ類、大豆、豆類、とうもろこし、全粒麦に多く含まれる。

NatureやScience、Cellみたいな一流誌に抗加齢関連の論文が増えて、講演内容のレベル、演者の質も格段によくなってると感じた。他学会と違って、演者をみればどのような理論を信奉してるか一目瞭然!

例:坪田先生→「ご機嫌こそが長寿につながる」 溝口先生→「タンパク質はちゃんと摂るべし」

 

<2015/7/5追記>

ベルソムラは僕には合わなかった。寝てる気がしない!

タグ

2014年9月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:学会

このページの先頭へ