脂肪酸考

中性脂肪やLDLコレステロールを増加させ、生活習慣病のリスクを高める」と忌み嫌われてきた飽和脂肪酸

ところが、『飽和脂肪酸を避けよ」は根拠なしとか、バターを食べていい。とか風向きが変わってきてる。

『飽和脂肪酸を避けよ」は根拠なしの著者が、原著を送ってくれたので以下に抄訳する。

「単価不飽和脂肪酸(オリーブオイルなど)をたくさんとり、飽和脂肪酸(ビーフやバター)を控えれば心臓に良い」という根拠はない。

根拠となった図は以下のとおり。

Fig1

RRは相対リスク(Relative Risk)で、左寄りな方が低リスクです。

用語解説

  • saturated fatty acids=飽和脂肪酸=パルミチン酸、ステアリン酸=牛肉、バター、ラード
  • monounsaturated fatty acids=ω9系単価不飽和脂肪酸=オレイン酸=オリーブ油、キャノーラ油、菜種油、落花生油、米油
  • ω-3 fatty acids=ω3系多価不飽和脂肪酸=αリノレン酸・エイコサペンタエン酸・ドコサヘキサエン酸=しそ油、亜麻仁油、えごま油、青身の魚
  • ω-6 fatty acids=ω6系多価不飽和脂肪酸=リノール酸・γリノレン酸・アラキドン酸=マーガリン、月見油、ここ椰子油、パーム油、大豆油、グレープシードオイル
  • Trans fatty acids=不飽和トランス脂肪酸=コンパウンドクリーム、牛脂、バター、ショートニング、ファットスプレッド、マーガリン
  • α-Linolenic=αリノレン酸
  • long-chain ω-3=DHA・EPAなどの魚油

「Total Saturated Fatty AcidsのRRが1.02なので『飽和脂肪酸がNG』とはいえない」「ω-3系、ω6系の多価不飽和脂肪酸を多くとるとよいともいえない」と結論してる。先日アップした魚油をとると短命に通ずる。

けど、上の図を見ると、ω-3系のRRは(有意差はないのかもしれないが)左のほうに位置してるがなぁ。

<結論>

  • 「牛肉やバターは全然ダメっていうわけでもない」のが最近の風潮。

タグ

2014年4月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:脂肪

タンパク質考3

タンパク質は「IGF経由やmTOR経由で加齢を促進する」し、「AGEも増やす」しで、「体重1kgあたりの蛋白摂取量0.8gまで」のはずだった。

 

しかし、

1.「65歳以上では、高タンパク質が寿命を延長する1)

2.「高炭水化物食・低タンパク質が寿命を延長する2)

という相矛盾する論文が出て、カロリスのコミュニティでも話題になってる。

low-igf1---high-igf1---mortality(Living the CR Way Blog)より引用。

 

僕の個人的な感想をのべる。

1.については「一定以上の年齢では細胞の癌化リスクが減り、IGF-1のデメリットが減るのか?」もしれない。

2.について。糖質制限な人たちは「炭水化物の代謝は、進化の後段階で獲得したもので、本質的ではない」とよくいうけど、「進化の過程で獲得したということは、それなりの利益があるのでは?炭水化物はタンパク質よりもきれいに燃え、腎臓に負担をかけないのでは?」と思う。

次回「飽和脂肪酸の考察」でものべるが、タンパク質、脂肪と従来とは異なる考え方が出てきてる印象だ。

 

<追加>

1)「65歳以下では低タンパク食がよい。植物由来のタンパクならさらに良い。」と書いてある。

2)「低たんぱく・高炭水化物食は体脂肪率を増やすが、それでも寿命は延長する」とも書いてる。

タグ

このページの先頭へ