ローカロリー・ケーキの食べログ

市販の「ローカロリー・ケーキ食べ比べログ」を作ることにしました。カロリスケーキの自作は面倒なので。。

栄えあるトップレビューはサン・ラファエロナッツロール

通常のケーキは100gで300カロリー超だが、このケーキは245カロリー(1)。糖質も、4.4gでかなり秀逸(普通ケーキは50gもある)。

エリスリム・スプレンダで糖を代替してるが、糖質の内訳は公表されてない。ので、僕が人柱となって血糖推移を検証した。

食前(AM 11:30):84mg/dl→20分後:85mg/dl→1時間後:96mg/dl→2時間後:81mg/dl

今後、上記データ(2)をベースにして、低カロリーケーキの性能を比較していきます。


ティストの方は….

フワッとした軽い生地と滑らかなクリームが一緒に口の中でとろけ、ナッツの風味と食感が非常に良いアクセントになっています

とてもローカロリースイーツをは思えない食べ応えがありまた是非食べたい!

と、当院の甘党レビュワーは絶賛しとるな(3)

<結論>

低カロリースイーツを活用して、カロリス・ライフをさらに楽しく!

 

1)水泳(クロール)35分相当のカロリー

2)食後1時間値があがりすぎ?とおもうが、普段糖質をとらないヒトなので参考データ扱い。

3)当方と販売店には一切の利害関係はありません。

タグ

人工甘味料

カロリス生活で、甘物を制限するのはツラい。

で、甘味料だ!

代表的な人工甘味料は以下のみっつ。

  1. エリスリム:エリスリトール+スクラロース0.32% :結晶化しやすく、ケーキ作成に向かない
  2. パルスイートカロリーゼロ:エリスリトール+アスパルテームとアセスルファムK :熱に弱いため、加熱調理に適さない※パルスイート(カロリーゼロでないほう)にはマルチトールが入っている。 血糖を砂糖の1/2~1/3あげてしまうので要注意。
  3. ラカントS :エリスリトール+羅漢果エキス0.8%

すべてエリスリトールがベース。エリスリトール自体はあまり甘くない。

甘いのは添加物で、スクラロースはとくに甘い。羅漢果エキスは、入手困難で個人には売らないようだ。羅漢果顆粒ってのもあるけど、てんさい糖が2%含まれており「900mlで45カロリー」ある。

 

他には、

  1. ラカンカット: 白色なラカントS。エリスリトール+羅漢果エキス+甘草。
  2. ステビア結晶化しにくい。独特の苦味がありいろいろ工夫はされている。僕の経験では、微量でも変な後味。
  3. スプレンダ:マルトデキストリンが含まれている。メーカーは0カロリーと主張しているが、血糖値をあげるはずで要注。

など、まだまだ探せばあるはずだ。

 

人工甘味料というと「いやぁ~、いろいろ訳ありなんですょ」なしたり論はある。カロリス・コミュニティーでも、賛否はわかれている…

 

<今回は、いきなり結論>

僕は、「砂糖の害≫人工甘味料の害」と考えるのでEZ-Sweetz使ってます。

タグ

2012年3月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:甘味料

総コレステロールの最適値

NYtimesの記事によると、スタチン系薬剤で「記憶障害や、血糖上昇の可能性がある」とFDAが警告を出している。

記憶障害については経験談に基づくもので、科学的な根拠はないらしい。

認知テストが優秀なものはコレステロール値が200mg/dl以上であり、これは心血管系にとっては危険な水準である。200mg/dlのような高値はよくないが、一方で110~120mg/dl以下にはならないように充分気をつける必要がある。動脈や心臓の健康と同時に、脳の認知にも配慮する必要があるからである(TheCRWayより引用)

したがって、コレステロールを下げれば「認知能が悪くなった」という人も出てくるでしょう。

どのあたりを、自分なりのコレステ最適値にするかは、「家族暦に、心疾患系がおおいか、認知症系がおおいか」、「自分はどっちにいきそうか?」、「脳か心臓か!」を、各自の価値観と相談して決めるべし。

<結論>

  • 頭脳明晰なら→コレステロール値は200mg/dl前後。HDLを90mg/dl位に維持
  • 心疾患警戒なら→コレステロール値は150-160mg/dl。スタチンは避ける。

タグ

このページの先頭へ