カロリスと糖尿病治療の違い

TheCRWayでは

動物実験で寿命の予測するとされた3つの因子が、ボルチモア長寿研究所の被験者にも当てはまり、その因子とは、低体温、低インシュリン、高DHEASであった。

カロリスの要諦は「less is more」である。ホルモンのレベルが低下すると、レセプター数は増加し、ホルモンを有効活用できるようになるのだ。

カロリスを実践すれば、血糖・インシュリン・成長ホルモン・IGF-1値が下がり、SIRT1を活性化することができるのだ。

ということで、「インシュリン(IGFシグナル)値が低ければ、低いほど良い」というスタンス。

糖尿病治療では、

CPI=空腹時Cーペプタイド(ng/ml)÷空腹時血糖(mg/dl)×100

インシュリン基礎分泌能正常 :1.2 以上

インシュリン基礎分泌能低下: 0.8 以下

であるから、「インシュリン値が低ければ、低いほど良い」とはいえないスタンス。

 

少し考えればわかるが、基礎分泌が低下するのは糖尿病でも後期なので、糖尿病患者ではないカロリス実践者はやはり「インシュリン値が低ければ、低いほど良い」はず→だけど、基礎分泌能が不良とでるのは気味が悪い。→だけど、しかし、、と無限ループ。

そこで、各種の糖尿病指標の計算式を、糖尿病患者ではないカロリス実践者の観点でチェックした。

  • CPI(基礎分泌能):空腹時C-ペプタイド/空腹時血糖(mg/dl)×100 正常値:1.2以上
  • SUIT(基礎分泌能):空腹時C-ペプタイド×1500÷{空腹時血糖-63} 正常値:50%以上?
  • Insurinogenic Index(追加分泌第一相能):(負荷後30分IRI値-負荷後IRI値)/ (負荷後30分血糖値-負荷前血糖値) 正常値:0.4以上
  • HOMA-β(追加分泌第二相能):IRI(早朝空腹時血中インスリン濃度)×360 / (FBS-63) 正常値:40~100%
  • HOMA-R(抵抗性):IRI(早朝空腹時血中インスリン濃度×FBS)/405 正常値:1.6以下、できれば1.0未満
  • QUICKI(抵抗性): 1 / (log(早朝空腹時血中インスリン濃度) + log(早朝空腹時血糖)) 正常値:0.348~0.430 高い方がbetter?

繰り返すが、Ⅱ型糖尿病患者の典型パターンは「炭水化物の摂取過多→ベータ細胞が疲れはじめる→第一相のインシュリン追加分泌能低下→インシュリン抵抗性増加→(代償的に高インシュリン血症→機能性低血糖症状)→ますますベータ細胞が疲弊化→インシュリン基礎分泌能低下」である。CRWayで目指すのは「インシュリン抵抗性低下→インシュリン分泌低下(分泌能そのものは低下しない)」なので、真逆である。

やはりカロリスでは、「インシュリン値は低いほうがいい。しかし、インシュリン抵抗性が非常に低いという結果が出るほどに血糖値も低いのが最もよい

<結論>

  • インシュリン値も、血糖値も、インシュリン抵抗性もless is more!

タグ

炭水化物の二日酔い

酒は一切飲まないんだけど、炭水化物を日曜に食す。

すると、月曜は炭水化物で二日酔いする。

原因を調べるべく、以下の二冊を読んだ。

両者とも「だるくなるのは低血糖症のため」としている。

しかし、僕の場合、二日酔い時の血糖は低くない。

両冊ともトンデモ臭が行間から滲んでる。

——————————————————————–

他にググってみつけた炭水化物不耐症によると

The excess insulin can cause blood sugar to drop too quickly, and then the adrenal glands must kick in to get the blood sugar back up. Not only will this cause more stress on the adrenal glands, but usually too much glucose is released, further causing the pancreas to produce more insulin. Around and around it goes.

低血糖→副腎が血糖あげる→インシュリンがさらに出る→低血糖…

という「血糖乱高下説」です。

症状は2週間テストで判定する由。

考案者はDr. Phil Maffetoneで、この人はドクター中松系?..「血糖乱高下説」は、いかにも納得できそうな雰囲気がただよっており、信奉者も多いようである。

が、僕には信じらんない

——————————————————————–

もう少し調べて

は、「グルコースが覚醒物質オレキシンを阻害する」説だ。

このオレキシン説は、二日酔い状態を説明できると思う。

上記記事の元論文を読むと、「オレキシンニューロンの特定部位のものは、持続的な高血糖に対しては阻害作用を示さない」とある。

ということは

普段、低血糖なのに、いきなりグルコースをとるとオレキシンの阻害作用が強く出て、二日酔い状態になるのだと(推測する)。

 

<結論>

  1. 炭水化物の二日酔いはオレキシン阻害作用だ(と思う)。
  2. ベルソムラのむくらいだったら、糖分とったほうが良いかもしれない。

タグ

2015年7月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:高血糖

コーヒーの効用について

今月の抗加会学会誌の誌上対談のテーマは「コーヒーを飲む・是非」1)である。

僕は酒&煙草はしないが、コーヒーは毎日4~5杯のむ。最低でも。

TheCRWayでは「カフェイン飲料は非常に有害である 」とされてて、

  • 血糖値をあげる。
  • 血圧を上げる。
  • 血中脂肪値をあげる。
  • 脳を刺激して休息しにくくなる。
  • 尿中カルシウムが増す結果、マグネシュームが失われてしまう。その結果骨に悪影響を及ぼす。
  • 震え、不安感、焦燥感をきたす。
  • 不眠や、睡眠パターンをみだす。

と、ほとんど禁制品扱いである。

一方、学会誌では以下のメリットをあげてる。

  • コーヒー摂取が糖尿病発症に予防的に働くという報告が世界各国からされている。
  • コーヒーが肝機能異常、肝硬変、肝がんに予防的に働くという報告がある。特に、肝がんについてはエビデンスが豊富であり、最近のメタアナリシスでも、コーヒーを飲む人ではコーヒーを飲まない人と比較して肝がんのリスクが低下すると報告されている。
  • 最近のメタアナリシスでは、コーヒー摂取と心血管疾患のリスクの間には非線形の関係があり、適度なコーヒー摂取はむしろ心血管疾患のリスクを低下させる、と報告されている。

デメリットは、

  • コーヒー摂取が女性においてのみ骨折のリスクを増加させる可能性が指摘されている。

つまり、ほとんどメリットばっかしで、デメリットなし!

上記メリットとカフェインの有無は関係がないようだが、カフェインそのものについては「カフェインもうドーピングなどとはいわせない」から引用すると、

  • カフェインと他の薬を合わせて使用すると役立つカフェインの相互作用が現れてシナジーが期待される。
    例)大量のカフェインを抗癌薬と一緒に使うと、抗癌作用が強まることが解ってきた。すべての癌とまでいかないが、世界の各地で臨床試験が進行中だ。
  • カフェインを使えば薬の量が減らせるという利点がある。
    例)かなり多くの風邪薬や痛み止めにアセトアミノフェンが入っている。アセトアミノフェンの過剰投与は肝障害を招くので、慢性の頭痛などで長い間使うことはくないとされている。そこでカフェインを加えてアセトアミノフェンの量を減らせば、副作用も減るというのである。

コーヒー一杯あたりのカフェイン含量を「カフェインもうドーピングなどとはいわせない」とウィキペデイアから引用する。

  • レギュラー                   70~130㎎(原料豆と焙煎度によって大きく変動する)
  • インスタント                       <100㎎(メーカーによって異なる)
    デカフェインスタント            < 30㎎(商品によって異なる)
  • エスプレッソコーヒー(44~60ml) 100mg

 

血糖値への影響が、TheCRWayでは「あがる」なのに、学会誌の記載では(前向きコホート調査)で「さがる」と真逆の結果が出てたのには驚いた。

この件では、抗加齢雑誌のほうが信憑性が高そう。

今後は、心置きなく芳醇を愛でることにします。。

 

1)『アンチエイジング医学―日本抗加齢医学会雑誌 (Vol.10 No.4(2014.8)』 メディカルレビュー社(2014) p.70-75

タグ

2014年10月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コーヒー 高血糖

インボカーナのんでみた

インボカーナは新しい糖尿病治療薬。SLGT2阻害という新しい機序によるもので、数年前から噂にはなっていたが、こんなに早く製品化(*)されるとは思ってなかった。

画期的だと思うのは、メトフォルミンやインクレチン関連薬は「糖分を取り込んだり、糖新生を抑制」→「血糖値が上がらない」。つまり、ため込んでいるだけ

VS

インボカーナは体外に捨て去る

 

この差は大きい!!

さっそく人柱実験したが、

・尿糖(+++)になる!→尿路系感染症リスクがある。

・やけに頻尿→次第におさまってくる様子。

 

カロリス実践者でもHbA1c下がるのか、追って報告します。

 

※2013/7/19現在、日本では承認申請中なので、米国から個人輸入してます。

タグ

2013年7月19日 | コメント/トラックバック(3) |

カテゴリー:高血糖 糖尿病

インクレチンとアンチエージング(2)

2011/6~2012/1にかけて、インクレチン関連薬を自験した記事

DPP4阻害薬とビクトーザは、長期にわたって人柱実験を行ったが、現在は中断している。

理由は

1.食事直後の血糖上昇は抑えられるが、反跳的に後からじんわりあがりやすい。「胃排泄能抑制」と関係あるのだろう。

2.1の食直後抑制効果もだんだん落ちてくる。

3.自分自身でDPP4阻害薬、ビクトーザを使用しないコントロール期を作ると、コントロール期のほうが血糖値の推移が意外にも良好。

よって、正常人の抗加齢目的には使えない。

糖尿病患者さんと同じように、毎日に使用したのがよくなかった。カロリス実践の場合にはインスリン分泌能は保たれてるであろうから、効き目がフェードしてくるデメリットは大きい。

むしろ「お祭り日に炭水化物を心置きなくいただきたい」とき、たまに使用する方がよい。

特にバイエッタはビクトーザよりも半減期が短く切れ味が良いので、ハイカーボ食後の高血糖を抑制するという目的にかなう。

バイエッタはGila monsterというトカゲの唾液腺から合成されており、このトカゲは野生では年に5回から10回くらいしか食べれない。獲物を得たら体重の1/3をドカ食いして、食後高血糖の毒性を減ずるために、このようなペプタイドを作り出した。

トカゲの獲物食≒僕のcheating食といえる。

 

<結論>

1.バイエッタは、1/週使用なら切れ味抜群

2.ハイカーボ食の高血糖毒性をキャンセルでき、カロリス生活に役立つ

タグ

酢の効用

一日夕食のみだと、起床時血糖が高めになる。

夕食前空腹時血糖は60mg/dl台~80mg/dl台だが、朝は90mg/dl~110mg/dlだ。

暁現象とおもうが、なんか感じ悪い…

以下、僕が行った対処法と効果

  方法 効果 コメント
メトフォルミンを就寝前のむ C 案外、きかない
ぐっすり長めに寝る B 過食したときはコレに限る
早めの夕食&カロリー控えめ A 確実!

 

1はメトフォルミンは肝臓での糖新生を抑制するはずだが案外効かない。

2.3.は僕の生活スタイルとあわない。

 

——´Д`——´Д`———————————————-

AGEs抑制に酢が効果的」とあるので、最初はAGE抑制で酢を飲んでいたが…

どうやら早朝時血糖を下げる」ことに気づいた。

文献を見つけたので、以下要約。

Vinegar Ingestion at Bedtime Moderates Waking Glucose Concentrations in Adults With Well-Controlled Type 2 Diabetes

1.小さじ二杯分のリンゴ酢を就寝前に飲むと、

2.中等度糖尿病患者(HbA1c>7.2、インシュリンなし)の早朝時血糖が有意に下がった。

3.「酢酸が肝臓の解糖・糖新生系に影響を及ぼす」のだろう。

健常者に糖尿病治療を行うのがカロリス」という僕の持論からするとまさにぴったり!

 

<結論>

1.就寝前に酢をのむと早朝時血糖は下がる。

2.「バカ・ケチ・ナマケは酢を飲まない」って本当だ!

タグ

2013年2月3日 | コメント/トラックバック(4) |

カテゴリー:高血糖

早朝時高血糖

就寝前血糖が90mg/dl前後なのに、起床時血糖が105mg/dlとか、日によっては110mg/dlを越すことがある。

これは

  1. 暁現象:早朝4時ころから成長ホルモン、コルチゾール、グルカゴンなどの血糖上昇ホルモンが分泌されるため。細胞の修復維持のためで正常人でも起こる。
  2. ソモギー効果:就寝中に下がりすぎた血糖値を挽回するためのリバウンド現象。糖尿病薬などによるman-madeな作用とされ、糖尿病患者でよくみられる。

のいずれかだ。日本語参考サイト英語参考考サイト

両者の鑑別は、深夜2時~3時の血糖値を測って

  • 深夜2時~3時の血糖値=通常→暁現象
  • 深夜2時~3時の血糖値=低血糖→ソモギー効果

深夜眠い目をこすって測定すると、2時も、3時も就寝前と殆ど同じだが、4時以降確かに上昇してきてる。

カロリス実践者の場合は、たいていは暁現象だろう。

対処方法は、

  1. 就寝前に炭水化物を一切取らない。
  2. 早朝に炭水化物をとって、血糖上昇ホルモンをオフにする。

1は確かに効果がある。就寝前と早朝時血糖に差がない。だけど、全然眠れなくなるんだな。

2の「向かい酒」理論はまさにそのとおりだとおもう。だけど、僕の場合、「食事は夕食のみ」なので採用できない。

TheCRWayでは

ケトン体を生成するためには「毎日プチ断食法」を採用する必要がある。これは朝にメインの食事をとり、昼食はそれよりも減らしてとった後には、一切食事をとらないことを意味する。午後1時以降には食事をやめるので翌朝までの15~17時間の間は絶食状態となるのだ。この間、血糖レベルは80台かそれよりも低い状態が維持され、この状態に至って初めてケトン体が生成されることになるのである。この絶食期にほんの少しでも口に入れてしまうと、断食はキャンセルされケトン体はできなくなってしまう。

そりゃ、朝食・昼食のみとって夕食を摂らなければ、早朝時高血糖も抑制でき、ケトン体を有効に生成でき理想的だとは思う。

だが、リタイアしてるならともかく、日中仕事をしている人間にとって、夕食の愉しみがなくなるのはつらい。

「夕食一食のカロリスで、かつ、早朝時高血糖を抑制する」が普通人のカロリスでは、必要だ。

タグ

「大豆バー」の血糖上昇

ここを参考にして大豆バーをつくってみた。

甘さが足りない感じだったので、エリスリムを追加投入。ナッツも多めにした。

お味

ミルフィーユジバラ>>>>>>>>>>大豆バー>>>糖質制限.comの大豆クッキー

ミルフィーユジバラプレジールと比較するのはおこがましいな。

血糖

大豆バー>>>>>>>>>ミルフィーユジバラ

食前94→食後20分値93。

すごく優秀で、感動した!ジバラだと120-130いくからな。

羅漢果・エリスリム・パルスイートを使って、いつの日か血糖が上がらないジバラを作りたい!

タグ

DPP4-阻害薬について

2011年6月8日、垂水区医師会館2階で京都府立医大講師 福井道明先生による「DPP4阻害薬の位置づけ」を聴講した。

いまのところ、インクレチン関連薬は抗加齢学会的には注目されていないが、「正常人に対して糖尿病の治療を行う」≒抗加齢介入という観点からすると、レスベラトロールに匹敵する

インクレチンとは食事摂取時に小腸から分泌されるホルモンであり、インスリン分泌を血糖依存的に促し、かつ、グルカゴンの抑制を行うものである。しかもβ細胞の保護作用が動物実験では確認されているということだ。

「血中インスリン血中濃度を低く抑えつつ、かつ、食後血糖上昇をおさえうる、しかもすい臓を疲弊させず保護する」のであれば、抗加齢的にいうことなしではないか?

現在、市販されているDPP4阻害薬を比較してみる。

DPP4阻害薬の比較
薬品名 ジャヌビア エクア ネシーナ
肝臓、腎臓への影響 排泄 代謝 排泄
内服回数 1日1回 1日1回~1日2回 1日1回
DPP-4阻害の選択性 高い 低い 高い

 

 

 

 

じゃる日記」 から引用

万有や小野は就寝中にGLP-1活性を高める必要はないだろうということで1×で臨床試験を行いジャヌビアの用法が1×となっている。
一方ノバルティスは24時間GLP-1活性を高めた方がよいだろうと考えて2×で承認をとっている。
ただ一つ分かるのは、ジャヌビアを1×投与する場合、1×朝で投与すべきであって1×夕では効果が落ちる可能性が考えられること。
エクアの禁忌疾患は重度の肝障害。ジャヌビアやネシーナは腎障害禁忌。

じゃる日記」 から引用

ジャヌビアではDPP-4に対してDPP-8選択性が4000倍以上、DPP-9選択性が8000倍以上高いのだが、エクアではそれぞれ13倍、1.2倍程度だという。ネシーナはどちらも4000倍以上とジャヌビアと同程度の選択性がありそう。
この数字自体もどこまで信じていいのか分からないが、DPP-8やDPP-9を阻害することが皮膚障害等のSEを引き起こすことにつながるというサルでの試験結果があるらしい。
半減期はジャヌビアのt1/2≒12hr、エクアのt1/2≒3hr

旭川の薬剤師道場(ブログ)」から引用

ジャヌビアはエクアよりもDPP-4に対する選択性が高いのですが、ネシーナはジャヌビアよりもさらに選択性が高いようです。すなわち、DPP-8とDPP-9にはほとんど影響を及ぼさず、理論的にはそれに関連する弊害も起きにくいいうことになります。まだ、DPP-8とDPP-9に関しては未知の部分も多いですが、この部分も安全性に寄与するかもしれません。

やまんば 糖尿病を完治させる。」 から引用すると、

エクアでは添付文書に、
2.重要な基本的注意
(1)肝機能障害(肝炎を含む)があらわれることがあるので、本剤投与開始前、投与開始後1年間は少なくとも3ヵ月毎に、その後も定期的に肝機能検査を行うこと。
といった記述があるが、ジャヌビアでは肝機能の検査に関する記述は無いとのことです。

以上より考察すると、抗加齢的に使うなら
肝臓障害が起こりにくいほうがいい糖尿病じゃないので腎臓障害はおきていないが、サプリメント系はたくさんのんでるから肝機能を愛護したい。
DPP4選択性が高いほうがいい。成長ホルモンみたいに後になって「投与は間違いでした」となったときの被害が少ない。
半減期は長いほうがよいだろう。一生続けるなら薬剤アドヒランスは重要だ。

したがって、抗加齢目的ではジャヌビアが第一選択次点がネシーナエクアは不可という気がする。

※あくまで抗加齢目的です。エクアのMRはレセプターと共有結合なのでHbA1Cの降下作用は一番強いと力説しておりました。また、糖尿病治療の時には適応が取れている併用薬剤云々の問題もあるとのこと。

 

2012/1/30追記

DPP4阻害薬とビクトーザは、長期にわたって人柱実験を行ったが、現在は中断している。

理由は

  1. 食事直後の血糖上昇は抑えられるが、反跳的に後からじんわりあがりやすい。「胃排泄能抑制」と関係あるのだろう。
  2. 1の食直後抑制効果もだんだん落ちてくる。
  3. 自分自身でDPP4阻害薬、ビクトーザを使用しないコントロール期を作ると、コントロール期のほうが血糖値の推移が意外にも良好。

よって、正常人の抗加齢目的には使えない。

2012/11/15修正

ヤモさんからの指摘により「腎代謝」を「腎排泄」に変更しました。

また、ネシーナの内服回数は分2から分1に変更しました。

タグ

AGE物質について

2011/5/18の「ためしてガッテン」で老化物質「AGE」をとりあげていた。

AGE=Advanced Glyceration Endprodutsで、蛋白・糖・脂肪の混合物である。

TheCRWayから引用すると

AGEはあなたのからだの正常な動きを阻害するゴミクズで、さまざまな疾患や機能異常(特に心臓と脳)が生じる。

体内から除去することは非常に難しいため、できるだけ食べ物の中に含まれないようにすることが大切である。

「ためしてガッテン」では

  1. 食後血糖をあげない。
  2. そのためには「先に野菜を食べることが大事」

間違いではないだろうが、AGE対策としては不十分。

AGE対策の要諦は、調理方法や食材にあるのだ。

調理方法

TheCRWayより抜粋編集すると

よくない調理方法 推奨される調理方法
長時間調理、高温調理 滅菌程度の最小限の調理にとどめる
脂肪分の加熱調理 他の食材を調理したあとに脂肪分を加える
グリル(=直火焼き)、フライ、ロースト 蒸す、ゆでる、煮る。熱したガラス製ピッチャーや陶器製のボールを使って調理する。できれば二重湯煎とする。
水分なしで電子調理 水分を加えて電子調理
こんがり焼く(こんがり調理した食品の表面はAGEだらけである)
砂糖、果糖、麦芽糖を食品に加えて調理

食材

何を食べるかも重要だ。

AGEが多く含まれるのは脂肪分、肉類、肉の代替製品である。

バター、プロセスチーズクリーム、マーガリン、マヨネーズはAGEが最高値を示す。

蛋白質や脂肪分が豊富な肉やチーズは高いAGE値を示す。特にフランクフルト、ベーコン、粉末卵白などの加工食品では高い

また、果物の是非で述べたように、フルーツ類は要注意である。

果糖はAGE(Avanced Glyceration Endproduts)という蛋白・糖、蛋白・脂肪の混合物に変化しやすく、動脈硬化、心疾患その他の疾病の危険がます。飲み物中に果糖が多いと、血中コレステロール値や中性脂肪値があがって心疾患のリスクが増える。

「こんがり・こってり系を食べた後に、フルーツデザートでさっぱり」というのはAGE的に最悪ということがわかる。

薬剤としては以下のものが挙げられている。


薬剤

ベンフォチアミンはビタミンB1の誘導体であり処方箋ナシで購入できる。いくつかの研究結果でベンフォチアミンはAGEのヒトでの産生を抑えることが分かっている。

このベンフォチアミンはビオトーワ錠という処方薬が存在する。IASのweb上だとここに記載がある。

タグ

2011年5月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:AGE カロリス 高血糖

このページの先頭へ