カロリスと糖尿病治療の違い

TheCRWayでは

動物実験で寿命の予測するとされた3つの因子が、ボルチモア長寿研究所の被験者にも当てはまり、その因子とは、低体温、低インシュリン、高DHEASであった。

カロリスの要諦は「less is more」である。ホルモンのレベルが低下すると、レセプター数は増加し、ホルモンを有効活用できるようになるのだ。

カロリスを実践すれば、血糖・インシュリン・成長ホルモン・IGF-1値が下がり、SIRT1を活性化することができるのだ。

ということで、「インシュリン(IGFシグナル)値が低ければ、低いほど良い」というスタンス。

糖尿病治療では、

CPI=空腹時Cーペプタイド(ng/ml)÷空腹時血糖(mg/dl)×100

インシュリン基礎分泌能正常 :1.2 以上

インシュリン基礎分泌能低下: 0.8 以下

であるから、「インシュリン値が低ければ、低いほど良い」とはいえないスタンス。

 

少し考えればわかるが、基礎分泌が低下するのは糖尿病でも後期なので、糖尿病患者ではないカロリス実践者はやはり「インシュリン値が低ければ、低いほど良い」はず→だけど、基礎分泌能が不良とでるのは気味が悪い。→だけど、しかし、、と無限ループ。

そこで、各種の糖尿病指標の計算式を、糖尿病患者ではないカロリス実践者の観点でチェックした。

  • CPI(基礎分泌能):空腹時C-ペプタイド/空腹時血糖(mg/dl)×100 正常値:1.2以上
  • SUIT(基礎分泌能):空腹時C-ペプタイド×1500÷{空腹時血糖-63} 正常値:50%以上?
  • Insurinogenic Index(追加分泌第一相能):(負荷後30分IRI値-負荷後IRI値)/ (負荷後30分血糖値-負荷前血糖値) 正常値:0.4以上
  • HOMA-β(追加分泌第二相能):IRI(早朝空腹時血中インスリン濃度)×360 / (FBS-63) 正常値:40~100%
  • HOMA-R(抵抗性):IRI(早朝空腹時血中インスリン濃度×FBS)/405 正常値:1.6以下、できれば1.0未満
  • QUICKI(抵抗性): 1 / (log(早朝空腹時血中インスリン濃度) + log(早朝空腹時血糖)) 正常値:0.348~0.430 高い方がbetter?

繰り返すが、Ⅱ型糖尿病患者の典型パターンは「炭水化物の摂取過多→ベータ細胞が疲れはじめる→第一相のインシュリン追加分泌能低下→インシュリン抵抗性増加→(代償的に高インシュリン血症→機能性低血糖症状)→ますますベータ細胞が疲弊化→インシュリン基礎分泌能低下」である。CRWayで目指すのは「インシュリン抵抗性低下→インシュリン分泌低下(分泌能そのものは低下しない)」なので、真逆である。

やはりカロリスでは、「インシュリン値は低いほうがいい。しかし、インシュリン抵抗性が非常に低いという結果が出るほどに血糖値も低いのが最もよい

<結論>

  • インシュリン値も、血糖値も、インシュリン抵抗性もless is more!

タグ

インボカーナのんでみた

インボカーナは新しい糖尿病治療薬。SLGT2阻害という新しい機序によるもので、数年前から噂にはなっていたが、こんなに早く製品化(*)されるとは思ってなかった。

画期的だと思うのは、メトフォルミンやインクレチン関連薬は「糖分を取り込んだり、糖新生を抑制」→「血糖値が上がらない」。つまり、ため込んでいるだけ

VS

インボカーナは体外に捨て去る

 

この差は大きい!!

さっそく人柱実験したが、

・尿糖(+++)になる!→尿路系感染症リスクがある。

・やけに頻尿→次第におさまってくる様子。

 

カロリス実践者でもHbA1c下がるのか、追って報告します。

 

※2013/7/19現在、日本では承認申請中なので、米国から個人輸入してます。

タグ

2013年7月19日 | コメント/トラックバック(3) |

カテゴリー:高血糖 糖尿病

カロリス模擬薬

大内尉義先生の論文を片っ端から読んでみた。が、レスベラトロール代替薬の記事はみあたらなかった。。

そこで、抗加齢雑誌のバックナンバーをあたってみると

解糖阻害薬 2-deoxy-D-glucose, iodoacetate acid
IGF-1阻害薬 soy isoflavones, flavonoids
2型糖尿病治療薬 metformin, glipizide
抗脂血症治療薬 fenofibrate
抗肥満ホルモン adiponectin
NPY活性化剤 ghrelin
Sirtuin活性化剤 resveratrol
PPAR活性化剤 pioglitazone

 

 

 

 

 

 

上記が、カロリス模擬薬の候補のようだ1)

ひとつづつみていく(薬ミシュラン評価:★不可 ★★可 ★★★優)

  • 2-deoxy-D-glucose:人工的に合成されたグルコース類似物質で、解糖系、糖化反応、細胞成長を抑制する。→完璧な抗加齢薬になりうるだろうが、キツーイ副作用があること必定。よほど安全性が確認されない限り使えないのでは?★
  • iodoacetate acid:アルキル化剤で抗がん剤。怖。★
  • soy isoflavones:IGF-1阻害よりも促進的に働くという論文多し。★
  • flavonoids:フィトケミカル。IGF-1を阻害するという文献は確かにある。★★
  • metformin:安全性が高い。★★★
  • glipizide:日本では販売されていないスルホニル尿素剤。日本でもよく使われるアマリールと同様インスリン抵抗性を改善するらしい。だがインスリンをだしてβ細胞を疲弊化させるのであればmetforminのほうがよいな。★
  • fenofibrate:フィブラート系の抗脂血症薬剤。中性脂肪を下げる効果が高い。市販名はリピディル、トライコア。スタチン系薬と同様に横紋筋融解の副作用がある。★★
  • adiponectin:脂肪細胞から分泌されるホルモン。血中濃度が高いほど肥満を抑制する。ω3系のEPA、DHAやベルベリン(キハダやオウレンに含まれる、市販薬もある)をとると血中濃度があがるという報告有り。★★★
  • ghrelin:空腹時に胃基底部粘膜やすい臓のイプシロン細胞から分泌されるペプチドホルモン。growth hormone-releasing peptideから命名されているように成長ホルモン↑とか食欲を刺激するとかは今一感(+)だが、記憶・学習を向上させ、ストレス性欝状態を改善するとか、心臓の保護作用の記載があり、かなり良いもののようだ。分泌を促進するためには空腹になればよいのだから安全。★★★
  • resveratrol:レスベラトロール。★★★
  • pioglitazone:チオリダジン系血糖降下薬のアクトス。インスリン抵抗性を改善するが、体重増、浮腫をきたしやすい。なら、metforminでよいんでは?★

ほとんどが血糖降下作用のある薬剤であり、僕の持論「正常人にたいして糖尿病的治療介入を行うのがカロリスライフ」からすると、当然ともいえる。

 

<結論>

レスベラトロール、メトフォルミン以外ですぐ使えそうなのは、

  1. フラボノイド
  2. フィブラート系の抗脂血症薬剤

 

1)『アンチエイジング医学―日本抗加齢医学会雑誌 (Vol.5 No.4(2009.8)』 メディカルレビュー社(2009) p.53-61.

タグ

早朝時高血糖

就寝前血糖が90mg/dl前後なのに、起床時血糖が105mg/dlとか、日によっては110mg/dlを越すことがある。

これは

  1. 暁現象:早朝4時ころから成長ホルモン、コルチゾール、グルカゴンなどの血糖上昇ホルモンが分泌されるため。細胞の修復維持のためで正常人でも起こる。
  2. ソモギー効果:就寝中に下がりすぎた血糖値を挽回するためのリバウンド現象。糖尿病薬などによるman-madeな作用とされ、糖尿病患者でよくみられる。

のいずれかだ。日本語参考サイト英語参考考サイト

両者の鑑別は、深夜2時~3時の血糖値を測って

  • 深夜2時~3時の血糖値=通常→暁現象
  • 深夜2時~3時の血糖値=低血糖→ソモギー効果

深夜眠い目をこすって測定すると、2時も、3時も就寝前と殆ど同じだが、4時以降確かに上昇してきてる。

カロリス実践者の場合は、たいていは暁現象だろう。

対処方法は、

  1. 就寝前に炭水化物を一切取らない。
  2. 早朝に炭水化物をとって、血糖上昇ホルモンをオフにする。

1は確かに効果がある。就寝前と早朝時血糖に差がない。だけど、全然眠れなくなるんだな。

2の「向かい酒」理論はまさにそのとおりだとおもう。だけど、僕の場合、「食事は夕食のみ」なので採用できない。

TheCRWayでは

ケトン体を生成するためには「毎日プチ断食法」を採用する必要がある。これは朝にメインの食事をとり、昼食はそれよりも減らしてとった後には、一切食事をとらないことを意味する。午後1時以降には食事をやめるので翌朝までの15~17時間の間は絶食状態となるのだ。この間、血糖レベルは80台かそれよりも低い状態が維持され、この状態に至って初めてケトン体が生成されることになるのである。この絶食期にほんの少しでも口に入れてしまうと、断食はキャンセルされケトン体はできなくなってしまう。

そりゃ、朝食・昼食のみとって夕食を摂らなければ、早朝時高血糖も抑制でき、ケトン体を有効に生成でき理想的だとは思う。

だが、リタイアしてるならともかく、日中仕事をしている人間にとって、夕食の愉しみがなくなるのはつらい。

「夕食一食のカロリスで、かつ、早朝時高血糖を抑制する」が普通人のカロリスでは、必要だ。

タグ

DPP4-阻害薬について

2011年6月8日、垂水区医師会館2階で京都府立医大講師 福井道明先生による「DPP4阻害薬の位置づけ」を聴講した。

いまのところ、インクレチン関連薬は抗加齢学会的には注目されていないが、「正常人に対して糖尿病の治療を行う」≒抗加齢介入という観点からすると、レスベラトロールに匹敵する

インクレチンとは食事摂取時に小腸から分泌されるホルモンであり、インスリン分泌を血糖依存的に促し、かつ、グルカゴンの抑制を行うものである。しかもβ細胞の保護作用が動物実験では確認されているということだ。

「血中インスリン血中濃度を低く抑えつつ、かつ、食後血糖上昇をおさえうる、しかもすい臓を疲弊させず保護する」のであれば、抗加齢的にいうことなしではないか?

現在、市販されているDPP4阻害薬を比較してみる。

DPP4阻害薬の比較
薬品名 ジャヌビア エクア ネシーナ
肝臓、腎臓への影響 排泄 代謝 排泄
内服回数 1日1回 1日1回~1日2回 1日1回
DPP-4阻害の選択性 高い 低い 高い

 

 

 

 

じゃる日記」 から引用

万有や小野は就寝中にGLP-1活性を高める必要はないだろうということで1×で臨床試験を行いジャヌビアの用法が1×となっている。
一方ノバルティスは24時間GLP-1活性を高めた方がよいだろうと考えて2×で承認をとっている。
ただ一つ分かるのは、ジャヌビアを1×投与する場合、1×朝で投与すべきであって1×夕では効果が落ちる可能性が考えられること。
エクアの禁忌疾患は重度の肝障害。ジャヌビアやネシーナは腎障害禁忌。

じゃる日記」 から引用

ジャヌビアではDPP-4に対してDPP-8選択性が4000倍以上、DPP-9選択性が8000倍以上高いのだが、エクアではそれぞれ13倍、1.2倍程度だという。ネシーナはどちらも4000倍以上とジャヌビアと同程度の選択性がありそう。
この数字自体もどこまで信じていいのか分からないが、DPP-8やDPP-9を阻害することが皮膚障害等のSEを引き起こすことにつながるというサルでの試験結果があるらしい。
半減期はジャヌビアのt1/2≒12hr、エクアのt1/2≒3hr

旭川の薬剤師道場(ブログ)」から引用

ジャヌビアはエクアよりもDPP-4に対する選択性が高いのですが、ネシーナはジャヌビアよりもさらに選択性が高いようです。すなわち、DPP-8とDPP-9にはほとんど影響を及ぼさず、理論的にはそれに関連する弊害も起きにくいいうことになります。まだ、DPP-8とDPP-9に関しては未知の部分も多いですが、この部分も安全性に寄与するかもしれません。

やまんば 糖尿病を完治させる。」 から引用すると、

エクアでは添付文書に、
2.重要な基本的注意
(1)肝機能障害(肝炎を含む)があらわれることがあるので、本剤投与開始前、投与開始後1年間は少なくとも3ヵ月毎に、その後も定期的に肝機能検査を行うこと。
といった記述があるが、ジャヌビアでは肝機能の検査に関する記述は無いとのことです。

以上より考察すると、抗加齢的に使うなら
肝臓障害が起こりにくいほうがいい糖尿病じゃないので腎臓障害はおきていないが、サプリメント系はたくさんのんでるから肝機能を愛護したい。
DPP4選択性が高いほうがいい。成長ホルモンみたいに後になって「投与は間違いでした」となったときの被害が少ない。
半減期は長いほうがよいだろう。一生続けるなら薬剤アドヒランスは重要だ。

したがって、抗加齢目的ではジャヌビアが第一選択次点がネシーナエクアは不可という気がする。

※あくまで抗加齢目的です。エクアのMRはレセプターと共有結合なのでHbA1Cの降下作用は一番強いと力説しておりました。また、糖尿病治療の時には適応が取れている併用薬剤云々の問題もあるとのこと。

 

2012/1/30追記

DPP4阻害薬とビクトーザは、長期にわたって人柱実験を行ったが、現在は中断している。

理由は

  1. 食事直後の血糖上昇は抑えられるが、反跳的に後からじんわりあがりやすい。「胃排泄能抑制」と関係あるのだろう。
  2. 1の食直後抑制効果もだんだん落ちてくる。
  3. 自分自身でDPP4阻害薬、ビクトーザを使用しないコントロール期を作ると、コントロール期のほうが血糖値の推移が意外にも良好。

よって、正常人の抗加齢目的には使えない。

2012/11/15修正

ヤモさんからの指摘により「腎代謝」を「腎排泄」に変更しました。

また、ネシーナの内服回数は分2から分1に変更しました。

タグ

カロリスと糖尿病の治療

カロリスと糖尿病の治療は似通っている。正常人にたいして糖尿病的介入を行うのがカロリスライフともいえる。

ただし、「糖尿病ではないが、カロリスは実践してます」なら、インスリン分泌能は保たれている。

たまには食後高血糖をわざと起こし、インスリン分泌機能を刺激しておいたほうがよいとも思うが、「どの程度の高血糖を、どの程度の頻度でおこすべきだろうか?」

TheCRWayでは

たまに「はめをはずす」のはまったく問題ない。思い切ってマッシュドポテトをたべてもよいが、山盛りにはしないことだ。ステーキ肉よりはサーモンのポシェを選び、グレービーは避け、温野菜を頼もう。デザートはみんなと分けよう。

カロリスを長期に続けている場合には、食べ過ぎに注意しないと体が処理しきれなくなる。ほどほどが肝要ということだ。

タグ

このページの先頭へ