人工甘味料

カロリス生活で、甘物を制限するのはツラい。

で、甘味料だ!

代表的な人工甘味料は以下のみっつ。

  1. エリスリム:エリスリトール+スクラロース0.32% :結晶化しやすく、ケーキ作成に向かない
  2. パルスイートカロリーゼロ:エリスリトール+アスパルテームとアセスルファムK :熱に弱いため、加熱調理に適さない※パルスイート(カロリーゼロでないほう)にはマルチトールが入っている。 血糖を砂糖の1/2~1/3あげてしまうので要注意。
  3. ラカントS :エリスリトール+羅漢果エキス0.8%

すべてエリスリトールがベース。エリスリトール自体はあまり甘くない。

甘いのは添加物で、スクラロースはとくに甘い。羅漢果エキスは、入手困難で個人には売らないようだ。羅漢果顆粒ってのもあるけど、てんさい糖が2%含まれており「900mlで45カロリー」ある。

 

他には、

  1. ラカンカット: 白色なラカントS。エリスリトール+羅漢果エキス+甘草。
  2. ステビア結晶化しにくい。独特の苦味がありいろいろ工夫はされている。僕の経験では、微量でも変な後味。
  3. スプレンダ:マルトデキストリンが含まれている。メーカーは0カロリーと主張しているが、血糖値をあげるはずで要注。

など、まだまだ探せばあるはずだ。

 

人工甘味料というと「いやぁ~、いろいろ訳ありなんですょ」なしたり論はある。カロリス・コミュニティーでも、賛否はわかれている…

 

<今回は、いきなり結論>

僕は、「砂糖の害≫人工甘味料の害」と考えるのでEZ-Sweetz使ってます。

タグ

2012年3月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:甘味料

このページの先頭へ